**リズちゃん花日誌** 台湾ホトトギスとカクノトラノオの切り戻しなど





台湾ホトトギスとカクノトラノオの切り戻しなど


今朝はゴミ出しの日。庭の剪定ゴミも一緒に出そうと、
急いで、垣根の下の台湾ホトトギスとカクノトラノオの切り戻しとスズランと矮性コンフリーの葉を切りました。
台湾ホトトギスとカクノトラノオは6月中旬に切り戻しをすると、
秋に草丈を低くしたまま、花を咲かせることができるから。
台湾ホトトギスもカクノトラノオも今まで草丈の半分くらいで切っていましたが、
台湾ホトトギスは地面近くで切っても花が咲くということがネットにあったので、試してみることにしました。

スズランはそのまま葉を残したほうがスズランのためには良さそうですが、
これ以上、殖えても困るし、風通しが悪くなるので、
実が付きそうな葉以外は、この時期に切っています。
矮性コンフリーの葉は切って堆肥にしています。

台湾ホトトギス

庭の前面は・・・

庭 6月

この狭い場所だけでも、台湾ホトトギス、カクノトラノオの他に、スズラン、ムラサキシキブ、ツルニチニチソウ、ユリがひしめきあったいます。

台湾ホトトギス

矮性コンフリーとスズランの葉を刈った跡。
タツナミソウ、パイナップルミント、西洋オダマキは残しました。ワスレナグサも少し。

矮性コンフリー 

おまけはアナベルと薔薇スブニール ド ラ マルメゾン。
一昨年あたりから、バラに施している栄養の恩恵をアナベルが受けているのか
アナベルがどんどんと広り、薔薇インターナショナルヘラルドトリビューンがアナベル(アジサイ)に負けてしまったようでダメになってしまいました。

バラの名前の由来であるインターナショナルヘラルドトリビューン(新聞)は
もう、何年も前に無くなってしまいましたが、うちのヘラルドちゃんもとうとう、消えてしまった。
よく、咲いてくれていたので、残念です。

続いては、スブニール ド ラ マルメゾン
上品で香りのよい花。
国際バラとガーデニングショーに初めて行ったときに記念に買いました。
あれから、何年??

スブニール ド ラ マルメゾン

アナベルの傍にあるので、来年も大丈夫か??という気もしますが・・

アナベル

スブニール ド ラ マルメゾン、色も淡いからか、アナベルの仲間入りをしているみたいに一体となっています。

アナベル
いつも応援のクリック有難うございます。
  

 

 
関連記事
[ 2018/06/18 22:29 ] グリーンサム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://busylizzie.blog17.fc2.com/tb.php/1823-fac681f0