**リズちゃん花日誌** エリゲロンの花、ギボウシの芽、Nüssliの花





エリゲロンの花、ギボウシの芽、Nüssliの花

小菊をもっと小さくしたような.お花で源平菊とも呼ばれるエリゲロンが咲き始めました。
咲き進むうちに花びらが少しピンクっぽくなって、白とピンクの小さなはなが混じって可愛らしい。

エリゲロン

最初に、種を蒔いたときはあまり、咲かなかったけれど、種を散らしたりしているので、自然と増えてきました。

こちらはギボウシ(ホスタ) オーレオマルギナータ。
暖かくなって急に伸びてきたら、沢山の芽でぎゅうぎゅう詰め。
4月も半ばを過ぎて、どうかな・・?と思いましたが、株分けすることにしました。
この写真はすでに2株小分けした後です。

オーレオマルギナータ

これをまた、3株くらいに分けました。

オーレオマルギナータ

最後はアリッサムのような可愛い花ですが、これは野菜。
葉はコーンサラダとかマーシュとかと呼ばれ、
最近は日本でも、レストランのサラダに入っていることがあります。
スイスではnüssli ・・発音は正確には、よくわからないままですが、?ヌスリと言って通じてはいたような・・・
癖はなく、美味

ドイツのグリム童話のラプンツェルはこのコーンサラダのこと
ラプンツェルと名付けられた娘の母親が妊娠中、どうしても食べたくなった魔女の庭のサラダ菜

参考 過去ログ・・
http://busylizzie.blog17.fc2.com/blog-entry-22.html

 
ヌスリ

コーンサラダのタネ、アマゾンで捜してみました。ご興味がありましたら、クリックしてみてください。



いつも応援のクリック有難うございます。
  

 


関連記事
[ 2018/04/16 23:42 ] ホワイト&グリーン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://busylizzie.blog17.fc2.com/tb.php/1799-ca36d68e