**リズちゃん花日誌** 春を告げる球根の花





春を告げる球根の花

今年が暖かだからか、早咲きの種類だからかもう、チューリップが咲きました。
チューリップ ファースト。?名前の由来は一番先に咲くからでしょうか?
朝はつぼんで、白地に赤の模様で、時間とともに開き、赤色は下に隠れてしまいます。

チューリップ ファースト

私にとって、懐かしい春を告げる球根の花といえば、エランシス。
イギリスに住んで、初めて、庭で見た花がエランシス・・セツブンソウでした。
黄色のかわいい花が前庭に一面に咲いて綺麗でした。

日本でも、一度、セツブンソウの球根を植えたことがありましたが、
一袋の球根を植えただけだったので、そんなにインパクトもなく、一度きりで終わりました。
一面のエランシスの群生、また、見ることが出来たら、ステキでしょうね。

大きさは普通のチューリップですが、原種のチューリップを大きくした雰囲気で可愛らしい。

チューリップ ファースト
上から、見たところ。チューリップという感じはしませんが、それでも可愛らしい。

チューリップ ファースト

ムスカリも青く、色づき始めました。

ムスカリ

ラッパ水仙は春一番にお目見えして楽しませてくれます。

ラッパ水仙

ラッパ水仙のそばで、ムラサキハナナが咲き始めました。

ムラサキハナナ

ミニ水仙は可愛らしくて、いつの間にか増えて・・。
テトテトだったか、チータチータだったか?
品種の呼び名がどれが本当かよくわからないので、兎に角、ミニ水仙!

ミニ水仙

いつも応援のクリック有難うございます。

 

  


関連記事
[ 2018/03/15 22:24 ] 球根 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://busylizzie.blog17.fc2.com/tb.php/1774-1114b533