**リズちゃん花日誌** リズの庭 5月 バラ、リクニス、ジキタリス






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リズの庭 5月 バラ、リクニス、ジキタリス

5月も2/3が過ぎ、あと10日で6月
リズの庭はバラの開花と同時にジキタリスも開花し、リクニスの赤紫色に染まっています。
リクニスはまだ、1/3ぐらいしか咲いていないのに、満開かと思うくらい・・

ジキタリス リクニス

バラを植え始めた頃は、色や樹高から大きくなった時のバラの様子を
想像をふくらませながら薔薇選びをしましたが、
うまくいったのもあり、失敗したのもあり・・失敗かな・・と思っていたら、
沢山、花が咲くようになったら、可愛い草花が色を繋いでくれ
そんな不安を吹き飛ばしてくれました。

リズの庭はフェンスで囲まれている狭い庭。
前の住人が植えていた低木を育てつつ、処分しつつ、
そのうち、薔薇も育つかもしれないという希望がわいて
フェンスに植えるのに良いバラ選びをしました。

前からの植栽は可愛らしい花が咲く梅もありましたが、鉢のまま植えているものだから、
小さな穴から根が出て、地中では太い根になり、抜いこうとしたら、失敗。
これじゃ、カイガラムシの宝庫となっているのも仕方ないわ・・と頑張って根っこを取り除きました。

ギボウシ

歩道との間のマンションの植栽がマテバシイ。とても大きな木で、庭全体が半日蔭。
せいぜい日が当たるとしたら、反対側のお隣との間のフェンス。そこにバラが一株ありました。
たぶん、入居したときは切ってあってのかな・・

春になると、お隣との間のフェンスのところに、長い枝が出てきて、咲いてみると"カクテル”
お隣との間の低いフェンスに育てるバラではないわ・・と感じ、早々に、抜いたことを思い出します。

梅やカクテルに始まり、ほとんど咲かないドウダンツツジやカイガラムシの宝庫の百日紅を抜き、
最後はハナミズキ。虫が住みいてだんだん花が咲かなくなり、抜いてもらった。

最初にお迎えしたバラは・・「スブニール ドゥ ラ マルメゾン」だったかしら・・
国バラへ初めていったときの自分へのお土産

スブニール ドゥ ラ マルメゾンの由来は知らなかったけれど、
気品のある優しげなバラに心惹かれた。
2000円と値段にもちょっと、惹かれたかな・・

リズの庭 5月

ゼラニウムはバラを育て始めるより前に買ったと思う。
いつも見切り処分があるお店で、アウトレットのものを二株。・
発色がよく、スイスの窓辺を思い出させる色・・
苗の会社のラベルが付いていたのも買った動機の一つ。

リズの庭 5月

バラ選びで良かったかな・・と思うことは、
ナーサリーで"低いフェンスに向くバラは・・?”と聞いてアドバイスしてもらったこと。
国バラを知ったことで、NHKの趣味の園芸での放送で、
当時、国バラに出店していた駒場バラ園さんがそう遠くないことで
直接、行ってバラの苗を買うことが出来ました。
その後、ほどなく、閉店してしまいざんねんでしたが・・・

国バラで見て、アンクル ウォーターの赤いツルバラが素敵!!と惹かれましたが、
もし、それを買っていたら、カクテルと同じ運命になっていたはず。

リクニス ジキタリス

都立神代植物公園のダブルディライトに憧れて
このあたりに植えていたダブルディライトがとうとうダメになってしまいました。
残念です。

ジキタリス リクニス

ポタジェの方から見ると、スッキリ見えるのですが・・・。

リズの庭 5月

左のジキタリス・・ちょっと、変?!
実は、昼顔のツルが知らないうちに絡みついて悪戯したもの
昼顔の作品です

リズの庭 5月

白いファビュラスや奥のジャルダン ドゥ フランス、アブラハムダービーは植えてから10年くらい経つのかな・・

リズの庭 5月

相変わらず、可愛い インターナショナル ヘラルド トリビューン
もう、この名前の新聞社は無くなってしまいましたが・・・

リズの庭 5月


ご訪問有難うございます。
いつも応援のクリックありがとうございます。



 





関連記事
[ 2016/05/21 09:46 ] 16 リズの庭 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://busylizzie.blog17.fc2.com/tb.php/1713-5f66e8aa








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。