**リズちゃん花日誌** すみれ色という名前のバラ ファイルヘンブラウ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すみれ色という名前のバラ ファイルヘンブラウ

直径4cmほどの赤紫の可愛いお花が鈴なり
ファイルヘンブラウ

IMG_0345.jpg

棘がないので、扱いやすいツルバラです。
ラティスなどで誘引すると素敵でしょうね。
マンションなので、大規模修繕のことを考えると、長く伸ばすことは無理なので
ほどほどにしています。それでも、大規模修繕になるとバッサリ切らないといけないですね。

IMG_0346.jpg

半日陰のところなので、まだ、もう少しの間、咲いてくれそうです。

IMG_0347.jpg

これは厚手のビニール袋で育てているイチゴ。
日が当たるところへ移動できるので、けっこう、鈴なりに実が出来ています。
私がポタジェと言っている野菜コーナーのイチゴは
今日見てみると、半分の苗にしかイチゴが出来ていないので
もう、5月も半ば・・。半分を捨てることにしました。
もっと、早くから決心すれば、もっと収穫があったかも・・


IMG_0348.jpg

後方で白っぽく点々と見えるのは忘れな草と種。
ごそごそっと忘れな草のところに入って、戻ってくると、
ズボンに忘れな草の種がびっしり着いてしまいました。
粘着テープ(コロコロ)を使っても、なかなか取れません。

忘れな草の名前の由来は、昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を
恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。
ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、
„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。
残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、
彼の最期の言葉を花の名にした(ウィキペディアより)と言われ、

毎年、忘れずに咲いてくる可憐な花と思っていたけれど、
この種のしつこさは忘れようとしてもついてくるストーカー・・・

IMG_0354.jpg

ご訪問有難うございます。
いつも応援のクリックありがとうございます。



 


関連記事
[ 2016/05/14 16:38 ] バラの名前 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://busylizzie.blog17.fc2.com/tb.php/1705-bd17603c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。