**リズちゃん花日誌** スイス






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑草~エコのよもやま話(スイス) 

今日は雑草のことの続きです。 かなり過去の話なので、現状と違うかもしれませんが、あしからず。

スイスに行って、そしてイギリス(ロンドンのような都会は別として・・)に行って、すごく不思議だったのは雑草が生えていないことでした。生えるというのは前回、書いたように、雑草は生えます。・・が、生えたままにしていない。

刺繍 スイス景色
(カレンダーの絵を元に刺繍しました。手前はブドウ畑のようなので、フランス語圏の地域。)
スポンサーサイト
[ 2012/10/05 09:30 ] スイス | TB(0) | CM(4)

スイスの思い出 4

今回は私の住んでいた家の周りをご紹介しましょう。
スイスの思い出 1で書いたように、私の家はこの地区の端っこに位置していました。
そして隣の地区に行く道路はこの先ヴァルト(森の中を通ります。
リスを見かけることは多いですが、朝早く道路に鹿がいることもあるとか・・
冬は車のフロントガラスが曇り、怖い経験をしたこともありましたっけ・・

08-38ヴァルト


手前の大きな木のところに四角い箱がありますが、さて何でしょう?

スイス公園への道


08-42 ワンちゃんポスト
答えは犬のウンチ容れ 
黒いビニル袋も付いています
公園などウンチを落として欲しくない場所についています

 

 




私の家から1・2分歩くと右手に公園が見えてきます

08-43 公園3


08-3 9公園1
長いすべり台と・・

 

 

 




08-40公園2
ブランコだけ

 

 

 

 

 08-44 花の絵

ここは春から夏にかけて優しげなワイルドフラワーの宝箱
最初に淡い薄紫の花が咲き、それからクリーム色
だんだん濃い色になってきて・・・
白い色の花が咲いたのは何番目だったでしょうか?
もう忘れてしまいました。

08-45 バーベキュー ヨーロッパの夏は日が長い。
夜の8時ごろまでは明るかったでしょうか?
そのため花火には向いていませんが、
この公園にはバーベキューの出来る場所が3・4箇所あり、
空いていればいつでも使えました
空いていなくても道具があれば、だいじょうぶ にっこり

週末に昼から夜までいるのはサッカー好きのラテン系の家族と

日本人・・ 。スイス人はもっぱら散歩の方が好きなようでした。

 
人数が少なく、放課後遊ぶ機会が少なかった日本人のこどもたちにとっても
母親どうしのおしゃべりにもこのバーベキューの出来る公園には感謝です。

08-46 気球 
また、この公園から気球が飛ぶこともありました
あまり、見られない光景にビックリ!
夏には羊が囲いに囲まれ
放牧されることもありました

 



それから、私の家からは見えませんでしたが、

少し高いところに登ると チューリヒ湖が見えました


08-41 チューリヒ湖


とガーデニングの人気ブログランキングに参加しています。
一日一回応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

            クリックしてね。 08-66 羊のアニメ

           ランキングバーナーブルー


[ 2008/01/19 20:55 ] スイス | TB(0) | CM(0)

スイスの思い出 3・・・コンポスト

前回はコンポストの話が出来なかったので、今日はコンポストの話です。
垣根の向こうに小屋のように見える場所には薪が摘んであります。
冬になるとセントラルヒーティングの他に暖炉も焚くので、
Himmler爺さんは冬が来る前に薪を割ってここに積んでいるのです。
そしてその横にコンポストのカゴがあります。
大きな網をぐるっと巻いたようなもので、底はありません。

まき


コンポストビン
庭から出るゴミを小さく切ってその中に入れます。
刈った芝を入れるとその 香しい匂いの後から・・

ホカホカ暖かくなってきて
他の葉や茎などのゴミもいつの間にか黒くなっていきました。
私も教えてもらいながら、使わせていただきました。

秋の終わりにコンポストを土に拡げておくと
いつの間にか土になっていました。
このコンポストの所でひまわりコスモスの種を蒔いて育てたら、
とても立派な花が咲きました。

 

コンポストかごの中に入れるものですが、木片は良くありません。

茎は4-5センチに切って入れます。

それから、雑草を入れると雑草を拡げることになるので、雑草や種のついたものは入れません。

続きはRead More↓へ 

 

とガーデニングの人気ブログランキングに参加しています。

 一日一回応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

            クリックしてね。 羊のアニメ
          

 ランキングバーナーブルー

[ 2008/01/17 14:54 ] スイス | TB(0) | CM(0)

スイスの思い出 2・・・プリムローズ

今日は

スイスの思い出 の2です。

そうそう、前回、書くのを忘れていましたが、
2・3年前何気なくテレビをつけたら、自転車競技が放送されていて、
スイスのなじみのある光景に見入っていたら、あの上り坂で
レースが行われていました。

スイスの家3


家の前庭です。バラも大きくなりました。
冬は雪が積もりますので、秋の終わりにはHimmler爺さんが
バラの根っこの周りにウッドチップで木が傷まないように保護していました。

それから花の無くなったプランターにはもみの木の枝をさして植木代わり・・
なかなか頭のいい方法・・・にっこり

近所には白い一面の雪景色の中、
ピンクのエリカとパンジーの寄せ植えの鉢をいくつか
階段のところに置いてある御宅があり、とても印象的でした。

プリムローズ冬の終わり、雪が溶け出し、しばらくすると・・・
散歩の途中のどこかのお庭の芝生から
クリーム色のプリムローズ(Primula valgaris)が
春一番の花を咲かせているのを見るのが好きでした。

ARKiveというサイトで調べたところ、
プリムローズの意味は“一番早い花”
そして春とイースターの両方のシンボルだそうです。



とガーデニングの人気ブログランキングに参加しています。
一日一回応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

            クリックしてね。 ワンコ
           ランキングバーナーブルー



[ 2008/01/12 14:00 ] スイス | TB(0) | CM(2)

スイスの思い出 1・・・さくらんぼとリラの花

スイスに関連した話を書いていると懐かしくなり、何か昔の写真がないかと捜してみました。
昔の写真はデジカメではないし・・と考えていると・・・
数年前に家族の者が旅行中、写真を撮ってきたのを思い出しました。

この坂を登りきったところに私が住んでいた家があります。
うちはこの地区の端っこにあり、その向こうは
鹿やリスの住んでいるヴァルト(森)です。

スイスの家


てくてく5分くらい歩いていくと、そうそうこの家です。
垣根はHimmler爺さんが春先と秋の終わりにヘッジトリマーで剪定していました。
芝生もおじいちゃんが・・。
Himmlerさんって氷室さん・・氷村さんと連想ゲームで覚えやすい名前・・にっこり


スイスの家2

庭にはおいしいさくらんぼのなる木があって、
さくらんぼをいただいたことがありました。
それからとてもきれいな紫色のライラック(リラ)の木と大きなもみの木・・・

おじいさんが美しい花木を指差してシェ-ン、シェ-ン”と私に言うものだから、
長い間、この紫色の花の木は”シェーン”という名前なのだと思っていました。ゼラニウム3
“シェーン”が“schön” つまり美しい“きれいだね”って
言っていたと分かったのはだいぶ経ってからのことでした。

一階のHimmlerさんの窓辺にはゼラニウムが見えます。




スイスの家4

この写真のほうがスイスらしい空の色ですね。
この三軒長屋の手前の二階に住んでいました。
イギリスのように庭は広くはありませんが、雑草も無く、
手前のもみの木の横にはちゃんとコンポストの場所もあり、
カルチャーショックでした。
スイスに来て初めの頃はスイスは雑草が生えないのだと思っていました。

とガーデニングの人気ブログランキングに参加しています。
一日一回応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

            クリックしてね。 ワンコ
           ランキングバーナーブルー


[ 2008/01/10 14:51 ] スイス | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。